【鹿児島県】車を高く売るなら中古車買取店チャレンジにお任せください。

鹿児島県の中古車買取チャレンジ

株式会社 チャレンジ
〒890−0073 鹿児島県鹿児島市宇宿2-13-30

車の買取査定の為になる!!知っておきたい査定評価のポイントとは?!

投稿日:

車所有者であれば、自分の車を売却する際に査定評価は気になる所ですよね。
こでは、実際に取してもらう際に、事前に押さえておくと良い査定評価のポイントをお届けします。
買取査定する前にポイントを押さえて、査定を落とさない売却の参考にして下さいね。

(1)車にオプションが付いている場合の査定額について

査定時に純正パーツが評価される理由

車の中古車販売市場では、純正パーツ付きの車は人気があります。
例えば、年式や走行距離等が同条件の車の買取査定では、車に純正フロアマットが付いていないものより、車に純正フロアマットが付いているものの方が需要は高くなっています。
中古車を購入する人と言うのは、正規状態のままの車を求めています。
なので、車のメーカーロゴが入っている純正パーツが付いている車の方が、車として信用できると言う点が挙げられます。
なので、純正パーツ付きの車の方が、買取査定ではプラス査定されるケースは多いです。

車に社外オプションを取り付ける際の注意点

実際に、車に社外オプションを取り付けてある車の評価ですが、良品の部品やブランドパーツであれば、買取査定のプラスに繋がります。
メーカーがパーツを推奨していたり、大多数の人に受け入れていたりする純正オプションとは異なり、社外オプションと言うのは、個人の趣味・趣向になってきます。
なので、社外オプションが必ずしも万人受けするものとは言えません。
なので、社外オプションの評価は、純正オプションに比べると低くなってしまう傾向にあります。
自分の趣味で車に社外オプションを付ける際には、必ず本来の純正パーツをしっかり保管しておき、買取に出す際に一緒に純正パーツも提出するのが、査定評価を落とさないポイントになります。

オプションパーツ別の査定時の評価ポイント

カーナビ編

新車の時にカーナビが標準装備されておらず、自分で付けたカーナビであれば、買取時にプラス査定が期待できます。
と言うのも、最近の車はカーナビは標準装備されているケースが殆どです。
なので、逆に車にカーナビが付いていない車種はマイナスに影響する事もあります。

カーオーディオ編

カーオーディオの機器は、基本的に車所有者の個人的な趣味・趣向が強いオプションです。
なので、買取時に比較的プラス査定になりやすい傾向があります。
ですが、カーオーディオに掛けた金額を回収できる程のプラスにはなりませんが、評価は高くなります。

アルミホイール編

アルミホイールにも色々な種類がありますが、人気のアルミホイールや老舗ブランドのアルミホイールであれば、買取時にプラス査定が期待できます。
ですが、査定時に買取店側でアルミホイール知識が無いと、正当な価値をしっかり評価してもらえないケースもありますが、弊社ではしっかりその辺りも見させて頂きます。

エアロパーツ編

エアロパーツは、純正品でも社外品でもある程度プラス査定の対象となります。
明らかに、粗悪品パーツであったり、破損や塗装が取れていたりする場合は、査定時にマイナス評価されますが、そうで無い場合にはプラス査定される場合が多いです。
派手にドレスアップしているエアロパーツに関しては、中古車市場ではあまり歓迎されないので、査定時には純正パーツに付け替えてパーツのみの持ち込みの方が正当評価に繋がります。

(2)ETCが付いている場合の査定額について

車を売却する際のETCの取り扱い

車に装備されているETCは、セットアップする際にユーザー登録が行われています。
なので、様々な個人情報が入っていると思われがちなのですが、実際は、ETCに登録されている情報は多くありません。
車載器管理番号と型式登録番号のみ登録されており、その他の個人情報は登録されていません。
なので、特にETC車載器を搭載した車をそのまま買取査定に出して頂いても、人情報が漏れる事はありません。
但し、ETCでマイレージ登録をしていた場合には、マイレージサービスの登録情報変更が必要です。
なので、変更を行わないまま買取査定に出してしまうと、新しい車の持ち主がマイレージ登録できません。
車の売却時には、マイレージ登録情報の変更を必ず行いましょう。

買取時のETC有りの査定評価

ETC有りの車の買取査定では、特にETC車載器が搭載されていたからと言って、査定に大きくは影響しません。
逆に、ETCが壊れていたり傷が多かったりした場合には、査定評価が下がるケースもあります。
基本的にETC車載器が高額査定になる事はないので、自分で取り外しができなくても、そのまま買取査定に出して頂いても大丈夫です。

(3)カーナビを付けたままの査定額について

カーナビを付けたままの買取

車にカーナビが標準装備されていない時代であれば、売却時の査定の際にプラスになっていましたが、近年の車はカーナビが標準装備になっており、また、スマホのアプリ等で簡単にカーナビ代用が効いてしまう時代です。
なので、中古車市場においては、特にカーナビ付きの車であるか、無しの車であるかによって、査定が大きく要視されなくなっています。
ですが、カーナビでも最新の人気カーナビであったり、高性能高品質のカーナビが搭載されていたりする場合、買取査定額が高額になるケースもあります。
一方、カーナビの年式が古かったり、機能面に関しても古いタイプのカーナビが搭載されていたりする場合には、査定額には特に影響はありません。
車の売却を検討されている方の中には、車を買取査定に出す際に、搭載しているカーナビを外して、新しい車に設置するかで迷われている方もいると思います。
その際、自身で判断が付かない場合であれば、カーナビを搭載した状態での査定額と、カーナビを外した状態での査定額、それぞれ査定する事も可能なので、お悩みであれば相談して頂いて問題ありません。

買取査定に出す際のカーナビ処分

車の買取査定で、特にプラスにならないのであれば、カーナビの処分を考える方もいるかと思います。
しかし、カーナビと言うのは、簡単に燃えないゴミに出して廃棄する事ができるものではありません。
今まで自分がナビとして使用してきた履歴が残っています。
行き先の住所や個人名等が入力されており、カーナビは個人情報が色々と入っています。
なので、処分する場合には、自分で消去を行って処分をするか、専門店に取り外しを依頼して処分する事になります。
弊社では、カーナビに入力された個人情報等のデータも全て消去しているので、カーナビを付けたままでも買取査定に出して頂く事ができます。
また、ポータブルナビ等のように取り外し可能なカーナビで、液晶画面が割れて動かなくなった場合も、引き取る事が可能なので、安心して売却して頂けます。

車の買い替えの時のカーナビ付け替えの損得

自分でカーナビの取り外しができ、カーナビの付け替えが自分でできる場合には全く問題はありません。
しかし、専門業者に依頼して売却前にカーナビを取る外す際は、取り外し費用がどうしても掛かってきますよね。
次の車にカーナビを付け替える為であれば良いですが、査定の為だけに取り外しを行う場合、逆にコストで損をする事もあります。
カーナビを外さない状態でプラス査定が出た場合、逆に取り外し費用が無駄になってしまいます。
なので、車を売却する際にカーナビも一緒に引き取ってもらう方がお得なケースもありますので、弊社で付け替えの前に査定致します。

-中古車買取コラム

Copyright© 鹿児島県の中古車買取チャレンジ , 2020 All Rights Reserved.